Tadacoin(タダコイン)は詐欺?出金申請しても送金なし

Tadacoin(タダコイン)のサービス終了から3か月以上経過しました。出金申請していてもいまだに送金されないので少し調べてみました。

スポンサーリンク

Tadacoin(タダコイン)が終了した理由

サービス終了と出金方法のご案内

長期にわたりご愛顧いただきありがとうございます。表題の通り、2020年4月13日を持ちましてTadacoinはサービスを終了することを決定しました。

システム障害のため2019年11月より送金ができない状態が続き、力及ばず約半年間もの間この状況を解決することができませんでした。お客様に多大なご迷惑とご不安をかける運営をしてしまいました。

送金システムの回復ができないことは、お客様の大切なお時間を搾取し続けてしまうことと同義であると考えたため終了の結論に至りました。

応援くださった全てのお客様へはご期待を裏切ってしまい大変心苦しく存じますが、何卒ご容赦いただけますと幸いです。

Tadacoin運営一同

https://www.tadacoin.jp/

サービス終了の理由は、システム障害により送金できないとなっていますが、単純に資金不足に陥った可能性が高いです。あくまでも個人的な見解ですが、そう思えるような根拠があります。

Tadacoin(タダコイン)のビットコイン履歴

3Ae8dEdRDyBhSQPDCVnWWBnz7p1yK4Mmq3

Tadacoin(タダコイン)のビットコインアドレス

Tadacoin(タダコイン)で利用していたビットコインアドレスから送金履歴を確認してみると、ある程度のことが推測されます。

2019-10-31 20:38 にほとんどの残高が無くなり、出金できないという状態になっている様子。ここは案内にあるように、11月より送金できない状態というのは間違いではない。ただシステム障害ではなく、残高がないから出金できないだけで、入金していればそのまま継続できたと思います。

2019-12-07 23:09 それを裏付けるかのように、12月になってからほんの少額のビットコインを出金した人がいたようです。本当にシステム障害ならば、この送金もなかったはず。

サービスが終了してから

ポイント(ビットコイン)の出金について

お客様にお貯めいただいた大切なポイント(ビットコイン)の出金につきましては、サービス終了後であっても対応をさせていただきます。システム障害が引き続き課題となっているため、システムではなく人力にて対応してまいります。大変混み合うことが予想され、お待たせしてしまう可能性がございます。

少しでも混雑を緩和する対策として、全てのお客様がチケットを10枚利用しなくても全額の引き出しとさせていただくことにいたしました。送金手数料は運営時と同様にお客様にご負担いただく形となります。

http://tadacoin.jp

2020-05-02 13:42 に+0.10700000 BTC が入金されたのを確認。25人に送金してくれたようですが、これが手動ではなくシステムが動いている感じ。

2020-05-02 16:56 おそらくテストで、0.00020000 BTCを送金。

2020-05-02 18:43 あとはすべてこの時間に処理されていたので、明らかに人力ではない。25人に送金したところで、残高が無くなり終了した。

調査時の残高は 0.00303325 BTC残っていました。システム的に次に組み込まれた人は、それ以上保有していたので送金されなかったのだと思う。追加入金されればシステムが再稼働してくれそうですね。

アドレスが間違いない証拠

Twitterで入金報告をしてくれた人がいます。送金先アドレスの中に、この頭8桁がありました。8桁以降が表示されていないけれど、これだけあっていればまず間違いないでしょう。

運営会社はOneBox

Tadacoin(タダコイン)を運営していたのは
OneBox:http://1-box.co.jp/

運営会社は存続しています。CEOのSNSも稼働中。

CEO 伊藤直樹
Twitter:https://twitter.com/itonaoki0510
Facebook:https://www.facebook.com/itonaoki0510/

運営にかかわっていた人たちはすでに退社したようなので、ホームページから削除されています。そのため名前は伏せておきますが、どのような経緯をたどっているか調べてみました。

COOは「現在はメディア運営・YouTube運営を行いながら複数のベンチャー企業のメディアコンサルや運営サポートを行っています。※2020年1月更新」とあるプロフィールより。

CTOは「先月CTO兼取締役として2年ほど働いていた会社を退職しました。しばらくはフリーランスとして働きます。」1月8日にSNSで報告している。

Web Directorは、SNSで2019年9月に退社を報告。

サービス終了は決まっていた?

サービス終了の告知をしたのが、2020年4月13日。それよりも前に、CEO以外が退社をしていることからサービスの終了がすでに決まっていたのかもしれない。そう考えると、システム障害といって運営し続けていたのは詐欺行為に当たるのではないだろうか。また、サービス終了してからは、リダイレクトされてしまいマイページを確認できないというおかしな点もある。

とはいえ、みんな本名で活動していたようなので初めから詐欺目的で運営していたわけではないとは思う。OneBoxのホームページに書かれているVISION「事業を通して人々を幸せにする」という信念は本当だったのでしょう。ただ運営が下手だっただけ。

サービス内容を改善してでも運営を続けるという方針にはならなかったのは、CEOの伊藤直樹氏に問われる責任です。未支払いのビットコインをしっかりユーザーに還元して、まっとうに再スタートをしてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました