リップルゲットで200回スロットチャレンジ!送金も試してみた

リップルゲットのスロットを200回チャレンジして、XRPの獲得効率を調べてみました。金額は少ないですが比較的当たりやすいようです。

スポンサーリンク

リップルゲットのスロットゲーム

リップルゲットのスロットゲームには、1回1,000ポイントでチャレンジできます。スタートをタップすると画面の移行もなしに、すぐにスロットが回転しポイントが消費されるので注意。いくつかのアニメーションがあるようで、回転が戻ったりすることもあります。中央のライン上で絵柄がそろうと当たりで、0.1リップルゲット。はずれても、0.01リップルゲットとなる。そろえる絵柄は何でも良いようで、チェリーだろうがスリーセブンであっても同じ当たりとして差はありません。

スロット200回でいくら稼げたか

単純なアニメーションだけなので、200回も回してもそこまでの時間はかからなかった。スロットチャレンジ前の残高は 1.9700 XRPだったのが、終わったときには 9.9100 XRP になっています。その差 7.94 XRP 稼げたことになります。

  • 当たり:66回(33%)
  • はずれ:134回(67%)

3回に1回ぐらいは当たる計算になるので、当選率は悪くないようです。

1,000ポイントの価値

スロット200回からのポイントの価値を算出すると、1000ポイント(スロット1回)辺りの価値は、0.0397 XRP になる。リップルゲットで予想が正解すると、0.01 XRPがもらえるので、約4回分の正解したのと同じぐらいです。また、広告を利用したいけれどどれくらいの価値になるのか、この値を参考にするのも良いかも。100,000ptがもらえる案件なら、3.97 XRP ぐらいに増やせるということ。

それと送金には10,000ポイント必要なので、手数料分のポイントはスロット10回分 0.397 XRPの価値がある。頻繁に送金するよりも、ある程度貯めてから送金するのが良さそう。

獲得したリップルの受け取り申請

受け取るをタップすると、受取口座情報の入力画面が開きます。リップルの送金はビットコインなどとは違い、宛先タグの入力も必要です。今回は、LINEと連携できるBITMAXに送金しました。ウォレットからリップル(XRP)の入庫をタップすると、XRPアドレスと宛先タグが表示されます。これをコピーしてリプルゲットの受取口座情報に張り付けし、送信すれば手続き完了。

手続きが完了すると、獲得済みのリップル全額が送金され、10,000ポイントが消費されています。10営業日以内に送金されるとのことですが、受け取り申請をしてから20分もしない内に着金してくれました。送金完了メールも送られてきたり、しっかり対応してくれているようです。

リップルの価格に期待

リップルの価格は低いため金額的には少ないですが、貯まったリップルをしっかり送金できました。スロットを回すためのポイントは、友達紹介やポイントを貯める案件を利用することで貯められます。今後リップルの価格が高騰することに期待して、価格予想などと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。

新規録で2,000ポイントゲット

コメント

タイトルとURLをコピーしました